伸びかけの時期の毛が一番困る!方法がない

自己処理を続ける限り

ムダ毛を放置して伸び放題というのも気になりますが、いったん除毛したあとがやっかいですね。またすぐ伸びてくるんですから。しかも伸びかけの毛というのは、とても見栄えが良くないものです。毛先が細い自然な状態ではなく、濃く太い断面が肌から顔を出すわけなので。放っておくわけにもいきませんが、脱毛ワックスや脱毛テープは、ある程度の長さがないと使えません。カミソリで剃っても、短い毛だと、肌に毛の黒い斑点ができるような結果になりがちです。

毎日肌を露出する季節は悲劇

体毛が濃い人にとって、毎日肌を露出する季節はまさに悲劇です。整形したことを人に知られたくないように、ムダ毛の自己処理をしていることも、人には知られたくないものです。ワキ毛のように、ほとんど誰でもやっていることなら別ですが、手足のムダ毛となると、ムダ毛のない人も多いわけなので、気になるものです。でも、生えかけの毛をどうすることもできなかったら、隠すことは無理です。生えかけの毛はどうすることもできないことが多いため、本当に悩み深いものです。

結局は永久脱毛しかない

ムダ毛の悩みから解放されるには、永久脱毛しかないでしょうね。ずっと長袖スラックスで通せる環境にあるなら、それが一番いいんでしょうが、難しいことも多いでしょう。紫外線の害が指摘されるようになって、以前に比べれば、真夏でも長袖で通している人は多くなってきてはいますが。毛の再生能力はとても高いので、自己処理ではどうすることもできません。いずれにしても、自己処理でなんとかするのは、早く諦めることです。なんともならないのですから。

レーザー脱毛の魅力は医療機関での施術になり、医師の診察のうえ施術が可能な点では、肌トラブルにあっても迅速に対応してもらえる事が安心でもあります。