こんなにあるの?二重まぶたにする美容整形

手術方法は目的や金額で選べる!

美容整形の中でも二重まぶたにする手術は、顔の印象を大きく変えられるのでとても人気があります。手術方法は数種類あり、傷跡の残り方や持続性が変わります。傷跡が大きくなるものは手術の腫れも長引くので、仕事などの影響も予め考えて準備しておきましょうね。手術にかかる費用も手術法によって大きく変わります。したがって、どの方法で手術するのかは手術の目的や金額で決めましょう。また、クリニックによって手術の詳細は少しずつ変化します。手術前には担当医としっかりカウンセリングして、手術法を相談して下さい。

傷跡が目立たないプチ整形

二重手術の中で最も手軽に行える方法を紹介します。本来は、まぶたを切開しなければいけませんが、この方法はまぶたの数カ所を縫い合わせる方法です。とても簡単なので、プチ整形として人気がある方法ですよ。この手術のメリットは、なんといっても傷跡が残りにくく、値段も安いことです。小さな点のような傷跡で、腫れが続く期間も短くなります。傷跡が心配で、切開するのに抵抗感のある方にオススメの手術方法ですよ。ただし、半永久的ではなく人によって、稀ですが一重に戻ってしまうこともあります。

半永久的なことがメリット!全切開法

縫い合わせる方法と対照的なのが、全切開法です。この手術はまぶたを切開し、まぶたの組織を二重にするため、半永久的に二重になります。料金は少し高めですが、一重に戻る心配がほとんどないので、プチ整形で戻ってしまった方でも安心ですよ。手術後は腫れますが、腫れが治まると二重ラインの部分が傷跡になるので心配は必要ありません。このように、美容整形は目的に合わせて、数種類の手術法を選べます。自分が何を優先したいのかをはっきり明確にして、担当医師の先生とじっくり相談してみましょう。

自分の理想の姿形を求める方が増えており、美容整形の需要は高まりつつあります。定期的なメンテナンスが必要となれば、豊富な知識と技術と実績を持つ医師がおられてバックアップ体制のある所を選ぶようにします。